人手不足

okazaki
Pocket
LINEで送る

宅急便のヤマト運輸が、預かり荷物の抑制をするかもしれないというニュースが世間を賑わしていますよね。

数年前からこんなことが起きるのではないかと、皆さんにお伝えしてきましたが、その通りになりそうです。

この事件によって、運賃は引きあがることになるでしょう。宅配BOXの整備ももっと広がるかもしれません。

この動きは、宅配業界だけではありません。飲食業界でも人手不足の為に営業時間の縮小を初めています。

今まで多くを人手の量でまかなってきたサービス産業は完全な曲がり角に来ています。

人手不足なのだから、賃金が上がってくるのではないか!と思う方も見えるでしょう。もちろんその傾向はあります。でもそれにも限界あるでしょう。だって、ファミレスの食事が1人3000円だったらファミレスにいきませんよね。つまり業態として成り立たなくなるからです。

 

話は飛ばしますが、この人手不足社会の向こうになっているのはきっと今以上の貧富差社会なのかもしれません。

続きを読む

ブラックスワン

okazaki
Pocket
LINEで送る

経済用語でブラックスワンという言葉が最近頻繁に使われます。

映画のブラックスワンや、アフラックのブラックスワンではありません。

経済学者 ナシーム・ニコラス・タレブの著書「ブラック・スワン」から引用されている用語です。

 

白鳥は白いものです、黒い白鳥なんているわけがないじゃない。と思う人もみえるのではないでしょうか?

しかし、このいるはずない黒い白鳥が発見されました。しかも一度発見されると、頻繁に発見されるようになるのです。

 

つまり、通常では絶対起こらない事態が、一度起こると起きやすくなる。この非線形な現象のことを指して、ブラックスワンと呼ぶのです。

 

今の世の中は、そういう不安定な時代です。この100年全く起こらなかったことが、一度起こると頻発するようになる。

 

金利なんか典型です。物に対してお金がだぶついている。この状況を見る限り、古典的な金融の状況では、金利が上がるはずがありません。

でも本当でしょうか?まったく分からないのです。今までの常識になんて全く通用しません。理論はいつも後付けなのです。

ではどうすればいいのか?「保険」を払うしかありません。それが住宅ローンでは超長期の固定金利で借りておくという方法です。

もちろん変動金利の方が全然支払いは安くなります。でもこんな不安定な状況で今までのセオリーは通じません。ですから万が一の場合に備えて「保険」を掛けるという選択をするのです。

 

「保険」の掛け方はケースバイケースですが・・・・。

答えは1つではないので。

 

続きを読む

金利の行方

okazaki
Pocket
LINEで送る

長期金利がここに来て少しづつ上昇して来ています。

トランプ大統領が就任して、矢継ぎ早に大統領令を公布。意外にも選挙戦中の公約を実施。国内産業保護や、行きすぎたドル高に懸念を示すなど日本にも大きな影響を及ぼしているからです。

 

日本銀行は、長期金利を抑え込むのにやっきになっていますが、どこまでそれが可能なのか?注目が集まり始めています。

 

もし、抑え込むことが出来なければ金利は急上昇する可能性あります。かなり要注意になるではないでしょうか。

続きを読む